異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPXYZ(ABC) ≫ 「混空VWXYZver.1.1」

「混空VWXYZver.1.1」

モンスター(21枚)
放浪の勇者 フリード
次元合成師(ディメンション・ケミストリー)
ジャンク・コレクター
シャインエンジェル×2枚
サイバー・エルタニン×3枚
サイバー・ヴァリー
オネスト
Z-メタル・キャタピラー
Y-ドラゴン・ヘッド
X-ヘッド・キャノン
W-ウィング・カタパルト
V-タイガー・ジェット
E・HERO プリズマー×3枚
A・ジェネクス・バードマン×3枚

魔法(12枚)
封印の黄金櫃×3枚
増援
死者蘇生
混沌空間(カオス・ゾーン)×3枚
強欲で謙虚な壺×3枚
テラ・フォーミング

罠(7枚)
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア-ミラーフォース-
異次元からの帰還
ヒーロー・シグナル×2枚
パラドックス・フュージョン

エクストラデッキ
A・ジェネクス・アクセル
A・ジェネクス・トライフォース×3枚
No.39 希望皇ホープ
VWXYZ(ヴィトゥズィ)-ドラゴン・カタパルトキャノン
VW-タイガー・カタパルト
XYZ-ドラゴン・キャノン
XY-ドラゴン・キャノン
XZ-キャタピラー・キャノン
YZ-キャタピラー・ドラゴン
セイクリッド・オメガ
セイクリッド・トレミスM7
ブラック・ローズ・ドラゴン
虚空海竜リヴァイエール


セイクリッドエクシーズ登場に合わせて前回のを調整。
序盤から優先して合体していくため「ユニオンヴァリー」に比べて手札消費が荒く《トラゴエディア》をOUT。また、序盤では事故要因になり易い《モンスター・スロット》を抜き、より《混沌空間》にカウンターを乗せられ、且つ《増援》でサーチが可能な《A・ジェネクス・トライフォース》の素材にもなる《放浪の勇者 フリード》を採用。序盤での《サイバー・エルタニン》との兼ね合いが難しいですが、それが気にならないくらいの活躍を見せてくれます。《放浪の勇者 フリード》に合わせて入れた《オネスト》と共に《セイクリッド・トレミスM7》と相性がいいです。

デッキの動き方などは以前の記事を参照ください。
付け加える点としては「ユニオンヴァリー」との《封印の黄金櫃》の扱いの違いでしょうか。《混沌空間》を採用していない「ユニオンヴァリー」では、《封印の黄金櫃》は手札に来たら即撃ちし《異次元からの帰還》を除外しますが、《混沌空間》を採用している以上、カウンターを1つ乗せられるカード――《混沌空間》で特殊召喚するモンスターを除外できるカードとして機能します。
一気にカウンターを溜めることができないこのデッキではカウンター1つの差は重要ですので、《混沌空間》発動に合わせて使うのが良さそうです。あとは《奈落の落とし穴》セットに合わせて適当なモンスターを除外し、とりあえずカウンターを1つ乗せておいたりですかね。カウンターが乗ってる以上相手は破壊したくないはず…?!
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL