異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPXYZ(ABC) ≫ 「ユニオンヴァリーver.8.0」

「ユニオンヴァリーver.8.0」

モンスター(20枚)
次元合成師(ディメンション・ケミストリー)
フォトン・スラッシャー
バトルフェーダー
ハウリング・ウォリアー
トラゴエディア
ジャンク・コレクター
サイバー・エルタニン×3枚
サイバー・ヴァリー
カオス・ソルジャー -開闢の使者-
オネスト
Z-メタル・キャタピラー
Y-ドラゴン・ヘッド
X-ヘッド・キャノン
E・HERO プリズマー×2枚
A・ジェネクス・バードマン×3枚

魔法(14枚)
封印の黄金櫃×3枚
大嵐
増援
精神操作
死者蘇生
月の書
禁じられた聖槍×2枚
強欲で謙虚な壺×3枚
闇の誘惑

罠(6枚)
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア-ミラーフォース-
神の宣告
激流葬
異次元からの帰還

エクストラデッキ
A・ジェネクス・アクセル
A・ジェネクス・トライフォース×3枚
No.30 破滅のアシッド・ゴーレム
No.39 希望皇ホープ
XYZ-ドラゴン・キャノン
XY-ドラゴン・キャノン
XZ-キャタピラー・キャノン
YZ-キャタピラー・ドラゴン
セイクリッド・オメガ
セイクリッド・トレミスM7
ブラック・ローズ・ドラゴン
虚空海竜リヴァイエール×2枚


今期最後の「XYZ」になります。(といっても制限改訂の影響を受けるかは微妙なところですが)
構築は、ガチよりのデッキと対戦できる機会があったので、それに合わせて何通りかの攻め手を作れるような形にし、罠に妨害されても止まらないようにするのが理想です。《フォトン・スラッシャー》の採用や《サイバー・エルタニン》の3積みで《神の警告》や《エフェクト・ヴェーラー》《デモンズ・チェーン》への対抗策としています。

今回特に使いやすさを感じたのが《フォトン・スラッシャー》で、自身が特殊召喚効果内臓兼苦手な《ライオウ》を上回る打点があり、通れば手札にある貧弱なXYZパーツを《セイクリッド・オメガ》にしつつ、墓地へ光属性機械族を送れるのがとても安定していました。このカード自体も強いですが、個人的には《セイクリッド・オメガ》になれるというのが利点の5割くらいをもってってる印象です。
単純に《増援》に選択肢が生まれるのもいいですし、《サイバー・ヴァリー》や《神の警告》のアフターケアとして優秀でした。

それでもMVPを上げるなら《サイバー・エルタニン》以上のカードはないと思います。
このデッキの強さのほとんどは《サイバー・エルタニン》といっても過言ではないですし、《サイバー・エルタニン》があるからこそ、どんなクソゲーを展開されても逆転の可能性を秘めている、そんなワンチャン魂に惹かれてしまいます。

《禁じられた聖槍》は《サイクロン》より《禁じられた聖槍》の使い道(利点)のが幅広くて好きだからという理由です。2000ライフコストの《神の警告》は仕方ないとしても、ノーコストの《奈落の落とし穴》に《A・ジェネクス・トライフォース》が落とされてアドを失うのは辛いですからね。
一か八か射抜くよりも、発動してきたのを止めるという点では《盗賊の七つ道具》でもいいんですが、《セイクリッド・オメガ》始め全体的に低い打点をカバーできるためこちらを優先してみました。

とはいってもガチ経験がほとんどない(動画見てるぐらいの)プレイヤーの考えなので、あまり参考にはならないかもですね><;解説と言うよりも総括みたいな感じになってしまいましたが、《聖なる魔術師》の復帰を願って来期を待ちたいと思いますw
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL