異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ 竜魔人 クィーンドラグーンTOP考察 ≫ 竜魔人 クィーンドラグーン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

竜魔人 クィーンドラグーン

queen_dragun

《竜魔人 クィーンドラグーン》
ランク4/闇属性/ドラゴン族/攻2200/守1200
レベル4モンスター×2
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、「竜魔人 クィーンドラグーン」以外の自分のドラゴン族モンスターは戦闘では破壊されない。また、1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事で、自分の墓地のレベル5以上のドラゴン族モンスター1体を選択して特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、このターンそのモンスターは攻撃できない。

《竜魔人 キングドラグーン》の嫁。素材に縛りはなく、《A・O・J カタストル》と相打ちできる攻撃力。
自身(同名を含む)以外のドラゴン族へ戦闘破壊耐性を与える効果があるものの、後半のレベル5以上のドラゴン族を蘇生させる効果が主役です。蘇生したモンスターはそのターン攻撃出来ず、効果は無効化されるものの、《太陽龍インティ》や《月影龍クイラ》のような墓地で発動する効果は問題なく使え、単純に蘇生カードとして優秀です。

蘇生しても効果が生きるモンスターには《ライトパルサー・ドラゴン》や《スクラップ・ドラゴン》等のスクラップシンクロ、《ワンハンドレッド・アイ・ドラゴン》がいて、デュアルでは《ブラック・ブルドラゴ》に加えて《ダークストーム・ドラゴン》や《ヘルカイザー・ドラゴン》も蘇生可能です。
その他にも《スターダスト・ドラゴン》や《レッド・デーモンズ・ドラゴン》を蘇生して《バスター・モード》に繋げるのもいいですし、《青眼の究極竜》蘇生からの《青眼の光龍》なんかも面白そうです。
《滅びの爆裂疾風弾》や《黒炎弾》といった必殺技も使いやすくなりますね。

ここからは個人的にですが、「ドレッドギンガ」で使ってみたところ、まだ一人回しでですが、かなり動きの幅が広がりました。《E・HERO エアーマン》《E・HERO フォレストマン》《D-HERO ダイヤモンドガイ》等でこのカードを特殊召喚するのは比較的容易で、《銀河眼の光子竜》が蘇生できます。
効果は無効化されてしまいますが、《幽獄の時計塔》での《D-HERO ドレッドガイ》から《D-HERO ダイヤモンドガイ》を2体特殊召喚することで、このカードとランク8を並べることができ、そこに前のターンの《D-HERO ドゥームガイ》からの《D-HERO ドレッドガイ》や、《Sin スターダスト・ドラゴン》《リビングデッドの呼び声》等が絡むだけで《超銀河眼の光子龍》まで繋がります。
また、《D-フォーメーション》からの《融合》を絡めた展開では、《銀河眼の光子竜》が手札になくとも、墓地に落ちている《銀河眼の光子竜》を釣り上げることで《D-フォーメーション》が発動できるため、実質コンボパーツが減った――というよりアクセス数が増える形になります。
単純に手札に《融合》と《銀河眼の光子竜》がある時に蘇生するだけでも、《ツイン・フォトン・リザード》を経由してしまえば、攻撃制限も効果の無効化もなくなるため強力です。
《聖刻神龍-エネアード》と《No.15 ギミック・パペット-ジャイアントキラー》を待つだけだと思ってましたが、思わぬ強化があって嬉しい限りです。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。