異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ ドレッドギンガ カード解説TOPドレッドギンガ ≫ ドレッドギンガ カード解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ドレッドギンガ カード解説

折角なので「ドレッドギンガ」の採用カードについて。需要があるかは分かりませんが^q^
《D-HERO ドレッドガイ》や《カードカー・D》を使う時に役立つ…のかな。分かりません!

《銀河眼の光子竜》
基本は落として《竜魔人 クィーンドラグーン》で蘇生させます。1枚でも十分と言えば十分ですが、墓地に落とすには引かないといけないので3積みです。

《カードカー・D》
新たに登場したドローソース。基本的にはこのカードを最も優先して召喚していきます。このカードのデメリットを誤魔化せる1番のタイミングは先攻1ターン目ですが、《D-HERO ドレッドガイ》を《リビングデッドの呼び声》で蘇生させたり(以後「リビデドレッド」)、《幽獄の時計塔》にカウンターを4つ乗せることで場ががら空きになるのをカバーできます。

《Sin スターダスト・ドラゴン》
《幽獄の時計塔》は1ターン相手ターンを無防備な状態でやり過ごす必要があり、その1ターンのタイムラグを誤魔化せるのがこのカードです。《D-HERO ドレッドサーヴァント》とは相互互換に似た立ち位置ですが、こちらはランク8エクシーズに繋げられるため、様々なシーンでシナジーしてくれます。「リビデドレッド」による和睦も、このカードがあれば返しのターンにランク8に繋がります。

《E・HERO エアーマン》
ドローソースのコスト確保要員。その他の場面では手札に温存しておき、《D-HERO ドレッドガイ》等「D-HERO」を展開した際に召喚し、破壊効果を使用するのが今のところの定石です。

《D-HERO ドレッドガイ》
2種のドローソースに対応する便利なガイ。1枚落ちればよく、あとはデッキにいてほしいのにそうもさせてくれないツンデレな面も持つ。

《D-HERO ダイヤモンドガイ》
単純に召喚しても弱く、《幽獄の時計塔》や「リビデドレッド」で守ってやりたい。特に後者の場合、2度目の効果発動が望め、更に墓地に《銀河眼の光子竜》が落ちていれば、星4モンスター追加からの《竜魔人 クィーンドラグーン》+ランク8の布陣が築けます。

《貪欲な壺》
《D-HERO ドレッドガイ》を使いきってしまうこともあり、序盤は腐るの覚悟で採用。

《幽獄の時計塔》
非常に発動タイミングが難しい。タイムラグがある所為で1ターン発動が遅れるだけで、動き出すのも遅れる。出来れば《エターナル・ドレッド》がある時に発動したいですが、《カードカー・D》で引くことを願って発動することも。ただ、早く発動させたところで墓地が肥えてないと意味がないため、これは手札次第。

《増援》
基本は《E・HERO エアーマン》優先。「リビデドレッド」をして強い布陣が敷けるとき等《D-HERO ダイヤモンドガイ》をサーチすることも稀にあります。

《死者蘇生》
《銀河眼の光子竜》を蘇生させて戦前を維持したり、「D-HERO」を展開できた時に《E・HERO エアーマン》を蘇生させたり。

《強欲で謙虚な壺》
ドローソース、そのコスト、フィールド魔法等のキーパーツ。手札に3枚被らなければ困らないくらい強いです。《D-HERO ダイヤモンドガイ》で発動できれば”特殊召喚出来ない””1ターンに1度しか発動できない”誓約が一切掛からないのでもっと強いです。

《フューチャー・ヴィジョン》
《幽獄の時計塔》を壊したいという時にフィールド魔法で上書きするのが一番効率がいいんですが、《幽獄の時計塔》3枚だけだと足りないと感じることがあったので採用してます。1ターン目では《カードカー・D》のデメリットを誤魔化したり、《D-HERO ダイヤモンドガイ》を守ったりということができます。ただ最近では《フォトン・スラッシャー》なんてのもいるので役に立つのかどうか。

《トレード・イン》
《D-HERO ドレッドガイ》は《デステニー・ドロー》にも対応してるので、被った時は《銀河眼の光子竜》優先。

《テラ・フォーミング》
《幽獄の時計塔》を優先してサーチしたいところ。

《デステニー・ドロー》
《トレード・イン》もですが、発動できるならさっさと使ってデッキを回した方が良さげ。ただ、他の手札との兼ね合いでモン切れ起こしては元も子もないので注意。

《激流葬》
何と言うか…遊び枠。《デモンズ・チェーン》等でも良さそうですが、展開許す方が怖いのでこちらを採用。1枚見せれば2枚目もあると警戒してくれるでしょう。とはいえ何かもっと相性のいいカードに変えたいところ。

《リビングデッドの呼び声》
《カードカー・D》で空いた場を守ったり、《D-HERO ドレッドガイ》を蘇生させて凌いだり。「ドレッドドレッドダイヤ」と展開した際に星4を確保するのにも重宝します。

《サンダー・ブレイク》
《カードカー・D》で手札は増えるため、必要のないカードを捨てつつ―苦手な《氷結界の龍 ブリューナク》等を除去します。ドローソースを引けずに手札でかさばってる《D-HERO ドレッドガイ》や《銀河眼の光子竜》を捨てれるため便利な1枚です。

《エターナル・ドレッド》
たまに手札に3枚被ることもありますが、これがないと5ターンものタイムラグが発生するので、事故を覚悟しても3積み必須だと思います。


《幽獄の時計塔》からの《D-HERO ドレッドガイ》に《エフェクト・ヴェーラー》を当てられると死にますが、それ以外は展開後の《E・HERO エアーマン》がなんとかしてくれるはず…(甘え)《エフェクト・ヴェーラー》って《禁止令》するぐらいしかないんですかね・・。
《E・HERO エアーマン》でフィールド魔法をサーチできる《E・HERO キャプテン・ゴールド》は魅力的ですが、《摩天楼 -スカイクレイパー-》が紙なのが惜しいですね・・。
関連記事

Comment

編集
面白そうなデッキでレシピ見てるだけでわくわくしてきます。

次の動画ではこのデッキを見てみたいなー…なんてw

あともしよかったら大嵐が不採用の理由を教えて下さい。
2012年02月21日(Tue) 22:10
編集
そう言っていただけると嬉しいです!

今マーシャルの方が迷走してて、使うならXYZかこっちか…って感じなので多分こっちを使うと思いますよw

あ、《大嵐》は《D-フォーメーション》入りの残像を引きずってて
そのまま候補に浮かばずって感じなので採用して大丈夫だと思いますw
《リビングデッドの呼び声》で星4確保する必要がある時等
《大嵐》スタートがきれないのが気になりますが
そんなこと関係ないぐらいの強さなので採用した方がいいですねw
2012年02月22日(Wed) 02:34












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。