異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP先史遺産 ≫ 「先史遺産」

「先史遺産」

モンスター(20枚)
冥府の使者ゴーズ
先史遺産モアイ×2枚
先史遺産ゴールデン・シャトル×3枚
先史遺産クリスタル・ボーン×3枚
先史遺産クリスタル・スカル×3枚
サイバー・ドラゴン
カードカー・D×3枚
エフェクト・ヴェーラー
A・ジェネクス・バードマン×3枚

魔法(15枚)
地獄の暴走召喚×3枚
大嵐
先史遺産技術(オーパーツテクノロジー)×2枚
死者蘇生
月の書
強欲で謙虚な壺×3枚
サイクロン×3枚
アイアンコール

罠(5枚)
神の宣告
神の警告×2枚
サンダー・ブレイク×2枚

エクストラデッキ
A・ジェネクス・アクセル×2枚
No.33 先史遺産-超兵器マシュ=マック
No.61 ヴォルカザウルス
No.7 ラッキー・ストライプ
スターダスト・ドラゴン
セイクリッド・オメガ
セイクリッド・トレミスM7×2枚
セイクリッド・プレアデス×2枚
虚空海竜リヴァイエール
始祖の守護者ティラス
先史遺産クリスタル・エイリアン
氷結界の龍 ブリューナク


まだフラゲでの情報しか出てませんが、あまりにも楽しそうなので組んでみました。
といってもまだ知らない方も多いと思うので、まずはテキストから。

《先史遺産モアイ》
星5/地属性/岩石族/攻1800/守1600
自分フィールド上に「先史遺産」と名のついたモンスターが存在する場合、このカードは手札から表側守備表示で特殊召喚できる。

《先史遺産ゴールデン・シャトル》
星4/光属性/機械族/攻1300/守1400
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動できる。自分フィールド上の全ての「先史遺産」と名のついたモンスターのレベルを1つ上げる。

《先史遺産クリスタル・ボーン》
星3/光属性/岩石族/攻1300/守 400
相手フィールド上にモンスターが存在し、自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。この方法で特殊召喚に成功した時、自分の手札・墓地から「先史遺産クリスタル・ボーン」以外の「先史遺産」と名のついたモンスター1体を選んで特殊召喚できる。

《先史遺産クリスタル・スカル》
星3/光属性/岩石族/攻 900/守 600
自分フィールド上に「先史遺産」と名のついたモンスターが存在する時、自分のメインフェイズ時にこのカードを手札から捨てて発動できる。自分のデッキ・墓地から「先史遺産クリスタル・スカル」以外の「先史遺産」と名のついたモンスター1体を選んで手札に加える。「先史遺産クリスタル・スカル」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

《先史遺産技術》
通常魔法
自分の墓地の「先史遺産」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。選択したモンスターをゲームから除外する。その後、自分のデッキの上からカードを2枚確認し、その中から1枚を選んで手札に加え、残りのカードを墓地へ送る。「先史遺産技術」は1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン自分は「先史遺産」と名のついたモンスター以外のモンスターを特殊召喚できない。



先史遺産を簡単に分けると、ランク5組の《先史遺産 モアイ》と《先史遺産 ゴールデン・シャトル》、ランク3組の《先史遺産 クリスタル・ボーン》と《先史遺産 クリスタル・スカル》と言った感じです。
先史遺産の欠点はその両者を組み合わせても何も起こらない―起こせないというところで、ところどころで噛み合わせになってしまいます。そしてランク3組の2体は一見綺麗なようですが、《先史遺産 クリスタル・ボーン》の効果を活かすには墓地から特殊召喚したい、けど真っ先に墓地へ送れる《先史遺産 クリスタル・スカル》は場に先史遺産がいないと効果が発動できない。噛み合っていそうで実はそこまででもない先史遺産たち。
でもそんな彼らを繋いでくれるのが《A・ジェネクス・バードマン》です。先史遺産は特殊召喚に秀でて、簡単に場に2体並べることができるので、ランク5組とランク3組が1体ずつしかなくとも、どちらかを戻すことでシンクロ召喚へと変えることができるのです。

このデッキの狙いを一言で言うと、《先史遺産 ゴールデン・シャトル》の《地獄の暴走召喚》です。《先史遺産 ゴールデン・シャトル》は効果で場の全ての先史遺産のレベルを1つ上げることができるため、それが3体並べばレベル7モンスターが3体並ぶことになります。ランク4~ランク7までのエクシーズ召喚が可能なので、エクストラの調整で様々なモンスターを出すことができます。
《先史遺産 ゴールデン・シャトル》は《サイバー・ドラゴン》と《セイクリッド・プレアデス》になれたり、《A・ジェネクス・バードマン》と《A・ジェネクス・アクセル》になれたりと、このデッキのキーカードです。サーチが可能で特殊召喚方法も豊富で、《A・ジェネクス・アクセル》経由からの《地獄の暴走召喚》がこのデッキの強い流れになります。

また、絶賛高騰中の《カードカー・D》とも相性がいいです。ドローができれば、ランク3組とランク5組が片方しかないということも避けられますし、《先史遺産 クリスタル・ボーン》や《サイバー・ドラゴン》の特殊召喚条件も満たし易いです。《カードカー・D》で撃ち易くなった《サンダー・ブレイク》で、《先史遺産 クリスタル・ボーン》の蘇生先を落としつつ、相手の攻撃をいなしてテンポアドを稼げれば理想的ですね。
関連記事

Comment

編集
すごく説明が分かりやすいですね!
1ヶ月半後に実際のカードを使ってデュエルするのがとても楽しみです。
2012年02月29日(Wed) 20:30
編集
ありがとうございます!ってコメント早いww
発売日までにはもっと幅広い動きができるようにしたいです
2012年02月29日(Wed) 20:54












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL