異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP先史遺産 ≫ 先史遺産考察その1

先史遺産考察その1

ooparts009

《先史遺産マヤン・マシーン》
星3/地属性/機械族/攻1500/守 700
機械族モンスターをアドバンス召喚する場合、このカードは2体分のリリースとする事ができる。

先史遺産と名は付けど、効果は先史遺産とは全く関係のない機械族サポートのモンスター。
REDUに収録される先史遺産にも、アニメに登場してる先史遺産にも2体リリースを要求する最上級モンスターはいなく、何故こんな効果にしたのかを疑います。
このカードを使えるのは先史遺産ではなく上級を採用した機械族デッキになるでしょうね。とはいえ、後述する《先史遺産クリスタル・ボーン》から通常召喚権を残して場に特殊召喚できるため、機械族サポートとしてはサポートに恵まれた先史遺産なので、使い勝手は悪くはなさそうです。同じ上級サポートの《ハードアームドラゴン》と同様に《巨大ネズミ》からのリクルートも可能です。

ooparts010

《先史遺産コロッサル・ヘッド》
星4/地属性/岩石族/攻 800/守1600
墓地のこのカードをゲームから除外し、フィールド上に攻撃表示で存在するレベル3以上のモンスター1体を選択して発動できる。選択したモンスターを表側守備表示または裏側守備表示にする。「先史遺産コロッサル・ヘッド」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

何故先史遺産と名が付いてるんだシリーズその2。《先史遺産マヤン・マシーン》に比べてアニメで効果は使われたものの、アニメ効果は自分のモンスターにしか使えない代わりに誘発即時だったため、OCG化にあたって完全に別物と化しています。
このカードも先史遺産でというより、別の―リバースモンスター等を使うデッキで使った方が良さげ。《メタモルポット》を警戒してるのか、リバースモンスターが多い星2以下には使えませんが、それを除けばリバースモンスターとの相性は抜群。《トゥルース・リインフォース》に対応してる《ADチェンジャー》に比べてこちらは《岩投げアタック》ですが、裏側守備表示にも出来ることからリバースモンスターを使い回すことが可能です。
また、裏側守備表示に出来るメリットはリバースモンスターの使い回しだけにとどまらず、守備力が低いモンスターを戦闘破壊しにも行けますし、《幻想召喚師》で特殊召喚したモンスターの自壊を防いだり、《A・O・J フィールド・マーシャル》の効果の発動を狙えたりと、使い道は様々です。

思ってたより記事が長くなりそうなので、全3回くらいに分けて書いていこうと思います。
とりあえずは何故先史遺産なんだシリーズのこの2枚ということで。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL