異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP先史遺産 ≫ 先史遺産考察その2

先史遺産考察その2

ooparts011

《先史遺産ゴールデン・シャトル》
星4/光属性/機械族/攻1300/守1400
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動できる。自分フィールド上の全ての「先史遺産」と名のついたモンスターのレベルを1つ上げる。

先史遺産のランク5要員。このカードの効果→《先史遺産クリスタル・スカル》→《先史遺産モアイ》→《No.33 先史遺産-超兵器マシュ=マック》の流れが設計されてる模様。先史遺産全体のレベルを上げる効果から、同レベルでないとエクシーズできない反面、複数並べることで一気に高ランクエクシーズを狙うことができるようになります。
光属性である点から《サイバー・ドラゴン》や《アイアンコール》で《セイクリッド・プレアデス》が出し易いです。

ooparts012

《先史遺産クリスタル・ボーン》
星3/光属性/岩石族/攻1300/守 400
相手フィールド上にモンスターが存在し、自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。この方法で特殊召喚に成功した時、自分の手札・墓地から「先史遺産クリスタル・ボーン」以外の「先史遺産」と名のついたモンスター1体を選んで特殊召喚できる。

先史遺産の中核を担うモンスター。このカード1枚で召喚権を残してランク3に繋げることができ、殆どの先史遺産デッキに《A・ジェネクス・バードマン》が採用されてるのはこのカードあってこそ。このカードを手札に構えつつシンクロエクシーズに繋げられるんだから強いですよね。墓地にレベル3の先史遺産が落ちてない時に無理が生じてしまうこのカードの欠点を完璧に補えてるのも《A・ジェネクス・バードマン》の評価できるところです。
唯一《先史遺産クリスタル・スカル》と微妙に噛み合ってないのが惜しいですね。

ooparts013

《先史遺産クリスタル・スカル》
星3/光属性/岩石族/攻 900/守 600
自分フィールド上に「先史遺産」と名のついたモンスターが存在する時、自分のメインフェイズ時にこのカードを手札から捨てて発動できる。自分のデッキ・墓地から「先史遺産クリスタル・スカル」以外の「先史遺産」と名のついたモンスター1体を選んで手札に加える。「先史遺産クリスタル・スカル」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

先史遺産の《魔轟神グリムロ》で縁の下の力持ち。状況に応じて先史遺産をサーチすることで、先史遺産のかみ合わせを緩和でき、墓地を肥やすことで《先史遺産クリスタル・ボーン》や《先史遺産技術》へと繋がります。

ooparts014

《先史遺産モアイ》
星5/地属性/岩石族/攻1800/守1600
自分フィールド上に「先史遺産」と名のついたモンスターが存在する場合、このカードは手札から表側守備表示で特殊召喚できる。

《先史遺産ゴールデン・シャトル》とのエクシーズ設計ですが、《先史遺産クリスタル・スカル》でサーチできる以外は、《セイクリッド・プレアデス》に繋げられる《簡易融合》も視野に入ってきます。状況に応じて《先史遺産クリスタル・スカル》でサーチできるのは強く、3積みしても問題はありませんが、2積みでも問題ないように思えます。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL