異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPドレッドギンガ ≫ ドレッドギンガ~汎用妨害のケアなど~

ドレッドギンガ~汎用妨害のケアなど~

少し前からよく見るようになった《エフェクト・ヴェーラー》や《神の警告》といった「ドレッドギンガ」には辛い妨害カードを撃たれた場合、もしくは撃たれないようにする動きを考えをまとめる意味もこめて書いてみます。

《エフェクト・ヴェーラー》
手札で発動するものに対しては対処のしようがないので、《エフェクト・ヴェーラー》の管轄外―相手ターンでの展開を狙います。
《サイクロン》が入ってない今、相手ターンで《幽獄の時計塔》を破壊するには《リビングデッドの呼び声》からの《E・HERO エアーマン》しかありません。《E・HERO エアーマン》でサーチした《D-HERO ダイヤモンドガイ》召喚し《リビングデッドの呼び声》セットの構えが理想的ですかね。この場合、《D-HERO ドレッドガイ》によって《E・HERO エアーマン》は破壊されてしまいますが、「ドレッドドレッドダイヤダイヤ」の場が作れるので、返しのターンに《竜魔人 クィーンドラグーン》から《超銀河眼の光子龍》に繋げることが可能です。また、《D-HERO ドレッドガイ》によって自然と《D-HERO ダイヤモンドガイ》を戦闘等の破壊から守ることができるのも、この流れのミソです。

《神の警告》
このカードに関しては破壊しないとどうしようもなんですが、今の構築では《サイクロン》も《ナイト・ショット》も入ってないので、破壊するとすれば《E・HERO エアーマン》頼りになります。しかし《E・HERO エアーマン》で相手の伏せを全部剥がしに行ける機会なんてのは滅多になく、《エフェクト・ヴェーラー》をケアするために《リビングデッドの呼び声》を温存するなら尚更です。
ただ、幸いなことに《D-HERO ドレッドガイ》は《神の警告》されようと(D-HEROは蘇生できませんが)破壊はされません。D-HERO以外のモンスターを破壊することもないはずです。場には《D-HERO ドレッドガイ》が棒立ちにはなってしまいますが、ここで《リビングデッドの呼び声》から《E・HERO エアーマン》を蘇生することで《D-HERO ダイヤモンドガイ》をサーチし通常召喚、《竜魔人 クィーンドラグーン》からのランク8へと繋げることが可能となります。手札に《D-HERO ダイヤモンドガイ》があれば、《E・HERO エアーマン》で破壊効果を指定できたり、《D-HERO ダイヤモンドガイ》を蘇生してデッキトップをめくりに行けたりも出来ますね。

《連鎖除外》
汎用妨害…とまではいきませんが、このカードで《D-HERO ドレッドガイ》が全て除外されようものなら、このデッキの勝ち手段を失ってしまいます。代行天使の《神聖なる球体》、ラヴァルの《真炎の爆発》に《封魔の呪印》を撃つようなものです。《リビングデッドの呼び声》への《サイクロン》に対して《D-HERO ドレッドガイ》を蘇生することはありますが、そういった状況を除いて、《幽獄の時計塔》から《D-HERO ドレッドガイ》らを展開する場合には《D-HERO ダイヤモンドガイ》の先出しでケアすることが可能です。攻撃力アップは永続効果ですからね。

基本的に「ドレッドドレッドダイヤダイヤ」と展開できてしまえば、《神の警告》や《エフェクト・ヴェーラー》されようと何も出せないという事はないので、如何に《D-HERO ドレッドガイ》の効果を通すかがカギになります。
最優先で警戒すべきは《エフェクト・ヴェーラー》。これを意識すると《リビングデッドの呼び声》からの《E・HERO エアーマン》が狙うべき動きになるので、《リビングデッドの呼び声》は出来るだけ温存しておきたいものです。
また、「ドレッドドレッドダイヤダイヤ」と展開できる状況でも《銀河眼の光子竜》が墓地に落ちていないという状況は割とありますが、蘇生カードと召喚権を残していれば、《D-HERO ダイヤモンドガイ》2体で《ラヴァルバル・チェイン》を作り《銀河眼の光子竜》を落とした後に、《E・HERO エアーマン》蘇生から《D-HERO ダイヤモンドガイ》をサーチし、通常召喚することで《竜魔人 クィーンドラグーン》に繋がり、《超銀河眼の光子龍》をエクシーズ召喚することが可能になります。
これを考えてもやはり《リビングデッドの呼び声》からの《E・HERO エアーマン》が理想的なのかもしれませんね…。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL