異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPデッキレシピ ≫ 「ドグマアトランタル」

「ドグマアトランタル」

モンスター(16枚)
終末の騎士×2枚
ゾンビキャリア
キラー・トマト×2枚
カードカー・D×2枚
E・HERO エアーマン
D-HERO ドレッドガイ×2枚
D-HERO ドグマガイ
D-HERO ディアボリックガイ×2枚
D-HERO ダッシュガイ
D-HERO ダイヤモンドガイ×2枚

魔法(13枚)
貪欲な壺
幽獄の時計塔×3枚
大嵐
増援
死者蘇生
強欲で謙虚な壺×3枚
テラ・フォーミング
デステニー・ドロー×2枚

罠(11枚)
神の宣告
激流葬×2枚
リビングデッドの呼び声×3枚
サンダー・ブレイク×2枚
エターナル・ドレッド×3枚

エクストラデッキ
No.15 ギミック・パペット-ジャイアントキラー
No.25 重装光学撮影機(フルメタル・フォトグライド)フォーカス・フォース
No.39 希望皇ホープ
No.6 先史遺産アトランタル
ガチガチガンテツ
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ダイガスタ・エメラル
ラヴァルバル・チェイン
機甲忍者ブレード・ハート
聖刻神龍-エネアード
大地の騎士ガイアナイト
超銀河眼の光子龍(ネオ・ギャラクシーアイズ・フォトン・ドラゴン)
氷結界の龍 ブリューナク
煉獄龍 オーガ・ドラグーン


「ドレッドギンガ」の要領で、《D-HERO ドレッドガイ》から《No.6 先史遺産アトランタル》、そして《D-HERO ドグマガイ》へと繋げようというデッキ。
主にランク6は《D-HERO ダッシュガイ》《D-HERO ディアボリックガイ》《氷結界の龍 ブリューナク》から繋げることになります。《氷結界の龍 ブリューナク》は《終末の騎士》等の星4+《ゾンビキャリア》ですね。即座に作れ、《リビングデッドの呼び声》を使い回せるのがポイントです。

基本的に《D-HERO ドレッドガイ》からは《D-HERO ダッシュガイ》《D-HERO ディアボリックガイ》を蘇生することになりますが、《ゾンビキャリア》があれば《D-HERO ダイヤモンドガイ》でも星6を用意することができ、《終末の騎士》の通常召喚でも可能なあたり、ランク6を作ること自体は割りと容易です。

では何が問題なのか、それは《No.6 先史遺産アトランタル》でライフを半分にするために装備するナンバーズを墓地へ落としておくことにあります。星4軸だと《オーバー・デステニー》が採用し辛く、展開力に難を感じます。
《リビングデッドの呼び声》を絡ませるか、《キラー・トマト》の前線維持からの《No.39 希望皇ホープ》を狙うことになります。また、《終末の騎士》等の星4と《ゾンビキャリア》、そして《D-HERO ディアボリックガイ》があるならば、ランク6のナンバーズ《No.25 重装光学撮影機フォーカス・フォース》を出すことも可能です。

ただ、やはり素材が上級ということもあって「ドレッドギンガ」に比べて動きがスムーズでなく、もっさりした感じは否めません。《幽獄の時計塔》の性質上、うまく立ち回れれば相手もろとも遅いデュエルに持ちこめるので、如何に無駄なくコンボパーツを集めるかがカギとなります。デッキのスペースの都合上《トレード・イン》でのドローブーストを抜いてしまった穴は大きく感じますね。《E・HERO エアーマン》が引けない。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL