異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPドレッドギンガ ≫ 「ドレッドギンガver.5.3」

「ドレッドギンガver.5.3」

モンスター(13枚)
終末の騎士
銀河眼の光子竜(ギャラクシーアイズ・フォトンドラゴン)×2枚
カードカー・D×2枚
E・HERO エアーマン
D-HERO ドレッドガイ×3枚
D-HERO ダイヤモンドガイ×3枚
BF-精鋭のゼピュロス

魔法(16枚)
幽獄の時計塔×3枚
大嵐
増援
死者蘇生
強欲で謙虚な壺×2枚
トレード・イン×3枚
テラ・フォーミング
デステニー・ドロー×2枚
オーバー・デステニー×2枚

罠(11枚)
神の宣告
激流葬×2枚
リビングデッドの呼び声×3枚
サンダー・ブレイク×2枚
エターナル・ドレッド×3枚

エクストラデッキ
H-C エクスカリバー
No.15 ギミック・パペット-ジャイアントキラー
No.16 色の支配者ショック・ルーラー
No.39 希望皇ホープ
No.50 ブラック・コーン号
インヴェルズ・ローチ
ヴェルズ・ナイトメア
ダイガスタ・エメラル
ラヴァルバル・チェイン
機甲忍者ブレード・ハート
交響魔人マエストローク
聖刻神龍-エネアード
超銀河眼の光子龍(ネオ・ギャラクシーアイズ・フォトン・ドラゴン)
竜魔人 クィーンドラグーン×2枚


ゼアルでは星8×3エクシーズの「デステニーレオ」が登場したり、8月発売のゼアル3巻では《No.22 不乱 健》の付録が確定していたりと、ランク8が出し易いこのデッキにとってはとても楽しみな今日この頃です。

1ヶ月以上以前載せた構築から1枚たりとも変わらない構築で回してたんですが、序盤が《カードカー・D》や《エア・サーキュレーター》だけでは早いデッキに勝つことができず、どうしても《幽獄の時計塔》依存が強くなってしまっていました。序盤からエクシーズを出せたり、どうしても自分のターンでしか動けず、仕方なしに動いた際に《エフェクト・ヴェーラー》等で動きが止まってしまったりしたとき等、《オーバー・デステニー》及び《BF-精鋭のゼピュロス》を入れることで、より相手の動きに合わせて動くことができるようになります。

《幽獄の時計塔》を持てていれば《終末の騎士》1枚から《ヴェルズ・ナイトメア》を置くことができ、《D-HERO ドレッドガイ》を落とせば《オーバー・デステニー》と合わせて《H-C エクスカリバー》等にも繋がるようになります。ABYRで登場する《H-C ガーンデーヴァ》なんかも立てることができますね。正直《オーバー・デステニー》よりも《簡易融合》でいいじゃないかという気はしますが、《No.22 不乱 健》や《H-C ガーンデーヴァ》も来ることを考えるとエクストラが…。

また、メインデッキのスペースを作れるのなら、《幽獄の時計塔》が苦手なフリーチェーンを止めることができる《魔宮の賄賂》を入れてみたいところではあります。
墓地に《D-HERO ドレッドガイ》と《銀河眼の光子竜》、場にセット状態の《リビングデッドの呼び声》があれば《竜魔人 クィーンドラグーン》《聖刻神龍-エネアード》の場を作れるものの《終末の騎士》はいるのでしょうか。即《BF-精鋭のゼピュロス》落とせて《リビングデッドの呼び声》を使い回せるのはいいんですけどねえ。
もし「デステニーレオ」が来ようものなら、相手の場にエクシーズがいない時に《超銀河眼の光子龍》以外の選択肢が生まれますし、少し構築を変えてみたいですね。


気付いたら1週間更新してませんでした。遊戯王はばりばりやってるんですが、最近は「ユニオンヴァリー」と「ドレッドギンガ」ばかりを使ってるので更新ネタがないのです…。新規カードは水属性とあまり得意な分野ではないですしね…。「デステニーレオ」はよ。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

まとめtyaiました【「ドレッドギンガver.5.3」】
モンスター(13枚)終末の騎士銀河眼の光子竜(ギャラクシーアイズ・フォトンドラゴン)×2枚カードカー・D×2枚E・HERO エアーマンD-HERO ドレッドガイ×3枚D-HERO ダイヤモンドガイ×3枚BF-精鋭のゼピュロス魔法(16枚)幽獄の時計塔×3枚大嵐増援?...
2012年06月20日(Wed) 08:41