異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPマーシャル ≫ 「スペースタイムマーシャルver.4.0」

「スペースタイムマーシャルver.4.0」

モンスター(23枚)
墓守の番兵
墓守の偵察者×3枚
寡黙なるサイコプリースト×2枚
レベル・スティーラー×3枚
マックス・テレポーター×3枚
ゾンビキャリア
スペースタイムポリス×2枚
サイコ・コマンダー×3枚
エフェクト・ヴェーラー×3枚
D-HERO ディアボリックガイ×2枚

魔法(11枚)
貪欲な壺
大嵐
死者蘇生
月の書
緊急テレポート×2枚
モンスターゲート
サイクロン×3枚
おろかな埋葬

罠(6枚)
連鎖破壊(チェーン・デストラクション)×2枚
神の宣告
リビングデッドの呼び声×3枚

エクストラデッキ
A・O・J フィールド・マーシャル×2枚
No.83 ギャラクシー・クィーン
アームズ・エイド
ヴェルズ・ナイトメア
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ダイガスタ・エメラル
フォトン・ストリーク・バウンサー
ブラック・ローズ・ドラゴン
ラヴァルバル・チェイン
交響魔人マエストローク
始祖の守護者ティラス
大地の騎士ガイアナイト
氷結界の龍 ブリューナク


事故率が高く、噛み合わせも強かったため、中々手つかずでいたこのデッキですが、大分と安定するようになってきました。
このデッキの狙いは《A・O・J フィールド・マーシャル》の隣に《No.83 ギャラクシー・クィーン》を置くことでの貫通及び1ドローにあります。モンスターを裏側守備表示で置く機会が少ない今の環境で《A・O・J フィールド・マーシャル》の的は自然と訪れることは少なく、能動的に狙うしかありません。そこで採用しているのがデッキ名でもある《スペースタイムポリス》です。

《スペースタイムポリス》
星5/風属性/サイキック族/攻2300/守1500
このカードが特殊召喚に成功した時、相手フィールド上に表側表示で存在するカード1枚を選択してゲームから除外する。このカードがフィールド上から離れた時、このカードの効果でゲームから除外したカードを相手フィールド上にセットする。

この効果を活かすには如何にこのカードを特殊召喚するかにあり、最も便利なところで《リビングデッドの呼び声》、他にサイキック族であるためこのデッキでは《寡黙なるサイコプリースト》による蘇生が可能です。とはいえ、兎にも角にも特殊召喚するためには墓地へ落とす必要があるので、《墓守の偵察者》からの《ラヴァルバル・チェイン》で積極的に落としていきます。そこに《リビングデッドの呼び声》があれば、《ラヴァルバル・チェイン》の2度目の効果発動も望めます。

墓地にサイキック族が落ちていないと《寡黙なるサイコプリースト》が機能しない、というのがこのデッキの難点で、例え引けていたとしても墓地へ送れなければ機能しない手札の《スペースタイムポリス》や《レベル・スティーラー》を捨てることができません。(手札に来た《レベル・スティーラー》等は《寡黙なるサイコプリースト》の手札コストで墓地へ送ります)
しかし、手札に《レベル・スティーラー》を引けていない場合、《スペースタイムポリス》とどちらを優先して墓地へ送るかもまた難しいところです。相手の場に裏側守備表示モンスターがいて、手札に《マックス・テレポーター》があるのなら、《A・O・J フィールド・マーシャル》を出すために必要な《レベル・スティーラー》を優先しますが、基本的に召喚機会の多い《寡黙なるサイコプリースト》を考慮して《スペースタイムポリス》を優先して墓地へ送った方がデッキは回り易いように感じます。

《A・O・J フィールド・マーシャル》を特殊召喚する方法ですが、基本的には《マックス・テレポーター》になります。《A・O・J フィールド・マーシャル》の効果の発動が望める時しか出さないので、大抵場には《スペースタイムポリス》がいるため、《レベル・スティーラー》を特殊召喚しそれをリリースして召喚することが多いです。《マックス・テレポーター》《レベル・スティーラー》《サイコ・コマンダー》で《A・O・J フィールド・マーシャル》、そして《スペースタイムポリス》《サイコ・コマンダー》で《スターダスト・ドラゴン》を並べるのが理想です。相手の場に裏側守備表示モンスターがいなくとも、《緊急テレポート》もあり、《スペースタイムポリス》が墓地へ落ちていれば《マックス・テレポーター》から特殊召喚した《寡黙なるサイコプリースト》で特殊召喚することも可能です。
他にも《マックス・テレポーター》に《エフェクト・ヴェーラー》等を撃たれた場合のケアになる《D-HERO ディアボリックガイ》と《レベル・スティーラー》《サイコ・コマンダー》や、デュエルの成り行きで《スペースタイムポリス》と元々存在している《レベル・スティーラー》、《サイコ・コマンダー》で出すこともあります。

《A・O・J フィールド・マーシャル》は1ドローできてこそだと思うので、それができない時は《スクラップ・ドラゴン》と《レベル・スティーラー》のコンボを楽しんだり、《氷結界の龍 ブリューナク》で《リビングデッドの呼び声》を回収しながらの《フォトン・ストリーク・バウンサー》に繋げたりしていきます。
《緊急テレポート》や蘇生カード次第では《A・O・J フィールド・マーシャル》の隣に《フォトン・ストリーク・バウンサー》を立てることもできますし、更に《No.83 ギャラクシー・クィーン》なんかがいたら嫌らしさ間違いなしです。
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL