FC2ブログ

異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2019年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ゴーストリック
CATEGORY ≫ ゴーストリック

ゴーストリックにおける人形とサキュバス

priojp022
《ゴーストリックの人形》
星2/闇属性/魔法使い族/攻 300/守1200
自分フィールド上に「ゴーストリック」と名のついたモンスターが存在する場合のみこのカードは表側表示で召喚できる。このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。また、このカードがリバースした時に発動する。そのターンのエンドフェイズ時にフィールド上に表側表示で存在するモンスターは全て裏側守備表示になる。その後、この効果で裏側守備表示になったモンスターの数以下のレベルを持つ「ゴーストリック」と名のついたモンスター1体をデッキから裏側守備表示で特殊召喚できる。

収録分が全て判明してからでもいいかなーと思いましたが、ネタもないので早速。
《W星雲隕石》を彷彿とさせるかのような効果を持った星2域のゴーストリック。自力で展開できる数少ないゴーストリックで、引きこもってるときにこそ真価を発揮できます。自分のターンでリバースさせることで安全にリクルできますがそれだと遅く、やはり狙い目は相手ターンでのリバースで、自分のゴーストリックを表側のまま維持する必要もあるため《ゴーストリック・パニック》との併用が前提とされてると思われます。ただし、単純なリクルート機能だけでは《ゴーストリック・マリー》の方が優秀で、相手ターンパニックと自分のターンでのリバースで場のゴーストリックを能動的に増やしていかなくては、このカードを使うメリットがありません。
そこで気になるのが、エンドフェイズ時にフィールド上のモンスターを全て裏側守備表示にしてしまう点。この効果を使えば使うほど展開はできますが、エクシーズに変換した際、それが裏目になってしまいかねません。今のところ裏守備表示にして意味のあるエクシーズは《No.30 破滅のアシッドゴーレム》ぐらいで、折角《ゴーストリック・デュラハン》を作っても《ゴーストリック・ハウス》で守ってやれないと戦闘破壊されてしまいます。また、ハウスがないと戦闘ダメージを受けることもできないので、《ゴーストリック・マリー》の起動ができず返せない事態も起きかねません。

他の星2域ゴーストリックとの相性ですが、このカードに全体月書を内蔵してしまってるため、《ゴーストリックの魔女》の仕事はすでに終わっていて、《ゴーストリックの猫娘》も呼んだとしても人形で裏にしたモンスターを処理しないと反転召喚から殴られてお仕舞と、何とも言えない具合。
かなり優秀そうな感じをうかがわせますが、意外や強い場面はかなり限定されてしまいそうな印象を受けます。が、使ってみると意外やそうでもなかったりするんですかねえ。自分の考えてる構築に合わない、だけなのかもしれません。一応《デブリ・ドラゴン》には対応してます。

priojp051
《ゴーストリック・サキュバス》
ランク2/闇属性/魔法使い族/攻1400/守1200
レベル2モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、フィールド上の「ゴーストリック」と名のついたモンスターの攻撃力の合計以下の攻撃力を持つ、フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。選択したモンスターを破壊し、自分フィールド上に「ゴーストリック」と名のついたモンスターが存在する限り、そのモンスターカードゾーンは使用できない。また、自分フィールド上にこのカード以外の「ゴーストリック」と名のついたモンスターが存在する場合、相手はこのカードを攻撃対象にできない。

やはり3体目のエクシーズはランク2でした。効果は表側のモンスターの除去です。前弾での《ゴーストリック・ミュージアム》など過度な裏守備表示への変更カードに加えて、人形に全体月書を内蔵させておいてなぜ表側除去なのかが謎で仕方ないです。そもそも星2域は裏守備への変更手段が豊富な(というよりも全員が相手モンスターを裏守備表示にする効果を持ってる)のに、表示形式の変更を封じる効果はないんですね…失望しました。
それがあるだけで魔女からのサキュバス、猫娘からのサキュバスでハウスゲーに持っていけると思うんですけどね。低打点設計なのに攻撃力参照などよくわかりません、、。
魔導ゴーストリックなるデッキでは《ヒュグロの魔導書》や《魔導書廊エトワール》で打点を上げられるんだとか。ハウス発動下だとこのカードと裏守備を置いておけばロックかなと思いきや、表側でいないといけないし、人形を反転して出すと例え2体並べてサキュバスロックをかけてもエンドフェイズに裏守備表示になってしまう始末…。ゴーストリックエクシーズ共通の効果だと思ってた墓地のゴーストリックを回収する効果もありませんし、正直なところ何を想定して作られたのか理解に苦しみます。。

とりあえずゴーストリックにおける使い勝手などを考えてみましたが、書いてあることは強そうなのにゴーストリックだと微妙な位置づけになってしまいそうです。人形に関してはリバースモンスターを使いまわすことも出来ますし、使い道自体は多そうなんですけどね…。

「ゴーストリックver.3.0」

モンスター(19枚)
魔界発現世行きデスガイド×2枚
増殖するG×2枚
デブリ・ドラゴン×2枚
ゴーストリック・ランタン×3枚
ゴーストリック・マリー×3枚
ゴーストリック・マミー
ゴーストリック・スペクター
ゴーストリック・シュタイン×2枚
ゴーストリック・キョンシー×3枚

魔法(11枚)
大嵐
死者蘇生
強欲で謙虚な壺×3枚
闇の誘惑
サイクロン×2枚
ゴーストリック・ハウス×3枚

罠(10枚)
神の宣告
神の警告
強制脱出装置×2枚
つり天井×2枚
ゴーストリック・パニック×3枚
ゴーストリック・アウト

エクストラデッキ
No.17 リバイス・ドラゴン
No.30 破滅のアシッド・ゴーレム
ゴーストリック・アルカード×2枚
ゴーストリック・デュラハン×2枚
ダウナード・マジシャン
ブラック・ローズ・ドラゴン
炎魔竜 レッド・デーモン
機装天使エンジネル
虚空海竜リヴァイエール
弦魔人ムズムズリズム
発条機雷ゼンマイン
氷結界の龍 トリシューラ
妖精竜 エンシェント


LVALで新規も追加され、まだまだ煮詰め途中ですが、大分安定してきたのでひとまず。
最近は《虹クリボー》を使ったレベル1軸が話題のようですね。

《ゴーストリック・キョンシー》で比較的容易にサーチできる豊富な手札誘発を中心に、罠を絡めながら展開およびそのサポートに充て、星3のアタッカーである《ゴーストリック・シュタイン》で罠を供給しながらのハメゲーに近いビートダウン、要所で《ゴーストリック・アルカード》《ゴーストリック・デュラハン》に変換し、ライフを削りに行くのがゴーストリックの基本的な動きになります。
新規が来てからは《ゴーストリック・アルカード》と《ゴーストリック・デュラハン》を並べたビートダウンをすることも多くなりましたが、いずれにせよキーマンは《ゴーストリック・キョンシー》です。

ゴーストリックは相手の動きを阻害するのに長けたテーマでもあり、動きを制限させる手段だけでも《ゴーストリック・ハウス》の裏守備に殴れなくなる効果・ダメージ半減に、《ゴーストリック・パニック》の複数月書、《ゴーストリック・アルカード》のゴーストリック及び裏守備を守る効果、各種手札誘発に、収縮内蔵の《ゴーストリック・デュラハン》と様々で、如何に上手く連携させるかがゴーストリックを使う上で重要な部分になります。
相手を圧殺できるパワーはゴーストリックにはないので、これらで相手の展開をいなし、キョンシーで稼ぐ小さな小さなアドバンテージを大きなものにしていきます。

また、これをサポートするのが《魔界発現世行きデスガイド》や《デブリ・ドラゴン》といったサブウェポンで、1枚1枚のカードのパワーが低く、展開された後に弱いゴーストリックの返しの部分を補います。特に《つり天井》は妨害と返しを両立できる強力な1枚で、ゴーストリックならば《サンダー・ボルト》に等しく、例えアルカードやデュラハンが立っていたとしても墓地からゴーストリックカードの回収が行えます。

LVAL ゴーストリックあれこれ

LVALのフラゲが来て、ゴーストリックの新規の効果も一通り判明したので、それの考察というか感想になります。しかしながら、前回のSHSPが不作だったからかプレイマットキャンペーンがあるからか、今回のパックはカードパワーの高いカードが目立つのが気になりますね。
《ゴーストリック・マリー》に関しては以前書いたこちらを。
長くなるので追記からどうぞー。

ゴーストリック・マリー

ghostrickmary

《ゴーストリック・マリー》
星1/闇属性/悪魔族/攻 100/守1600
自分フィールド上に「ゴーストリック」と名のついたモンスターが存在する場合のみ、このカードは表側表示で召喚できる。このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。また、戦闘またはカードの効果によって自分がダメージを受けた時、このカードを手札から捨てて発動できる。デッキから「ゴーストリック」と名のついたモンスター1体を裏側守備表示で特殊召喚する。「ゴーストリック・マリー」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

11月に出る新弾LVALに収録されるゴーストリックです。シャドウスペクターズの時は特に気にはしていませんでしたが、星1は悪魔族なだけでなく手札誘発というコンセプトもあるんですかね。星1なので《ゴーストリック・キョンシー》でサーチし易いのが特徴です。

発動の条件は、ダメージを受けた時に手札から捨てるだけという手軽さ。相変わらず受動的ではありますが、《ゴーストリック・キョンシー》《ゴーストリック・シュタイン》《ゴーストリックの魔女》あたりを臨機応変にセットできるのは強そう…というか少しADSで使ってみた感じめちゃくちゃ強かったです。ゴーストリックは少し触ると分りますが、《ゴーストリック・キョンシー》を如何に初手に握れるかで、序盤の安定性が桁違いです。そんな「キョンシー」を捨てるだけで特殊召喚できるのだから、序盤の安定性はぐんと上がります。

また《ゴーストリック・ハウス》とも相性がよく、中盤以降でも無理なく使えることから、殴りに行くための展開札としても優秀です。序盤は《ゴーストリック・キョンシー》を特殊召喚し、その「キョンシー」でこのカードをサーチ。そして《ゴーストリック・シュタイン》を特殊召喚し――と、ゴーストリックに欲しかったこと全てをやってのけてくれますね…w「シュタイン」もまた、引きたいけど初手には欲しくない1枚でもあるので、3枚も積まずに済みそうなのもいいですね。

《ゴーストリック・アルカード》の攻撃力の低さも幸いし、発動タイミングが”ダメージを受けた時”と、《ゴーストリック・スペクター》とも喧嘩をせず(手札誘発系は同じタイミングだと複数発動できない)、手札を減らさずに場にゴーストリックを展開して行けます。
《ゴーストリック・ランタン》と《ゴーストリック・スペクター》は3:1ぐらいが安定してましたが、ダメージを受けることが前提となると「ランタン」よりも「スペクター」を優先した方が良さそうですね。以前載せた構築の《カオスポッド》をサイドに下げ、このカードにするだけでも十分すぎるくらいに戦い易かったです。序盤から動いて行けるので、1戦にかかる時間が減るのも幸い…ですねw

「ゴーストリックver.2.0」

モンスター(19枚)
魔界発現世行きデスガイド×2枚
ダーク・アームド・ドラゴン
ゴーストリック・ランタン×3枚
ゴーストリック・スペクター
ゴーストリック・シュタイン×3枚
ゴーストリック・キョンシー×3枚
クレーンクレーン×2枚
カオスポッド×2枚
エフェクト・ヴェーラー
A・ジェネクス・バードマン

魔法(13枚)
大嵐
死者蘇生
月の書
強欲で謙虚な壺×3枚
闇の誘惑
ブラック・ホール
サイクロン×2枚
ゴーストリック・ハウス×3枚

罠(8枚)
神の宣告
神の警告
強制脱出装置
つり天井×2枚
ゴーストリック・パニック×3枚

エクストラデッキ
No.17 リバイス・ドラゴン
No.30 破滅のアシッド・ゴーレム
ゴーストリック・アルカード×2枚
シャイニート・マジシャン
スクラップ・ドラゴン
ダークエンド・ドラゴン
機装天使エンジネル
虚空海竜リヴァイエール
弦魔人ムズムズリズム
獣神ヴァルカン
発条機雷ゼンマイン
氷結界の龍 トリシューラ
魔界闘士 バルムンク
妖精竜 エンシェント


現在使ってる「ゴーストリック」は、主軸を《カメンレオン》から《クレーンクレーン》に変えました。というのも、《カメンレオン》で釣って強いのが《ゴーストリック・シュタイン》だけで、《ゴーストリック・ランタン》や《ゴーストリック・スペクター》を釣ったとしても出てくるのは《A・O・J カタストル》と、強さが感じられない場面のが多かったことにあります。
また、《カメンレオン》の”エクストラデッキ以外からの特殊召喚が出来ない”というデメリットが思いのほか辛く、例えば、《カオスポッド》を反転召喚したターンに蘇生効果を使えず、同一ターンに《ダーク・アームド・ドラゴン》を特殊召喚することも出来ません。

《カオスポッド》は基本的に相手ターンでのリバースが理想ですが、どうしても自分のターンに反転したい時は少なからずあります。しかしながら、自分のターンで反転してしまうと、自分は裏守備モンスターを残して相手のリバースを許してしまうことになり、そこで何かしらのアクションを起こさなければ、《カオスポッド》の反転は場をちょっと荒らしただけで、返しで展開されて終わりです。そうした場合、《カメンレオン》は攻撃力1600のバニラでしかなく、《クレーンクレーン》で《ゴーストリック・アルカード》を立て、セットされたモンスターを除去しに行った方が強いのは明白です。

《ダーク・アームド・ドラゴン》に関しても、《カメンレオン》で罠を踏みながら《ダーク・アームド・ドラゴン》を出す~というのが出来ないのはどうも綺麗じゃないです。墓地調整が難しいからこそ、一気に攻め込みたいですし、釣りあげてエクシーズ素材にし、墓地の闇属性を減らすということもできませんしね。
こういう細かい部分で綺麗な方が自分は好きなので《クレーンクレーン》ですが、これらがどうでもよくなるくらい強く使えるときが《カメンレオン》にはあるので、正直好み次第な気もしますw

あとは地味に辛い破壊耐性持ちにも強い《氷結界の龍 トリシューラ》(《獣神ヴァルカン》)を出したい一心で《A・ジェネクス・バードマン》を入れたり、《ゴーストリック・ハウス》発動下での耐性持ちに《機装天使エンジネル》が追加されたりしたぐらいでしょうか。《強欲で謙虚な壺》が3枚積めるようになって、《ゴーストリック・キョンシー》スタートもし易くなりましたかね。スペースがあれば《聖なるバリア-ミラーフォース-》も入れたいところです。