異次元旅行

ここではないどこか・・・それが異次元!!
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ DD
CATEGORY ≫ DD
≪ 前ページ       

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「ペンデュラム・ドミネーション」フラゲ考察

《DD魔導賢者ニュートン》
星7/闇属性/悪魔族/ペンデュラム/攻 0/守 0
「DD魔導賢者ニュートン」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードを手札から捨て「DD魔導賢者ニュートン」以外の自分の墓地の「DD」カードまたは「契約書」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。
【P効果 青10/赤10】
①:自分は「DD」モンスターしかP召喚できない。この効果は無効化されない。②:このカードがPゾーンに存在する限り1度だけ、自分にダメージを与える罠カード効果が発動した場合、その効果を無効にできる。その後、このカードを破壊する。


《DD魔導賢者ガリレイ》のサルベージ版ですね。ガリレイのように《エフェクト・ヴェーラー》ケアが出来ないのと、こいつでサルベージをするならそもそも《地獄門の契約書》で持ってくればいいので、地獄門そのものや《彼岸の旅人ダンテ》で落としたDDも拾えるところに注目すべきでしょうか。レベル8をP召喚できるスケールであるのも、今後P軸へと移っていくとしたら重宝しそうですね。
ガリレイと違ってレベル7なので、《DDスワラル・スライム》等で特殊召喚して《DDD神託王ダルク》と《真紅眼の鋼炎竜》を作るチャンスがもしかしたらあるかもしれません。

《DD魔導賢者コペルニクス》
星4/闇属性/悪魔族/ペンデュラム/攻 0
「DD魔導賢者コペルニクス」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「DD魔導賢者コペルニクス」以外の「DD」カードまたは「契約書」カード1枚を墓地へ送る。
【P効果 青1/赤1】
①:自分は「DD」モンスターしかP召喚できない。この効果は無効化されない。②:このカードがPゾーンに存在する限り1度だけ、自分にダメージを与える魔法カードの効果が発動した場合、その効果を無効にできる。その後、このカードを破壊する。


今回判明した中では最も期待の募る優秀な効果ですね。効果は《終末の騎士》と単純ながらその強さはガイド魔サイが実証済みな通り、《DDネクロ・スライム》を落として墓地融合へと繋げたり、《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》を落として展開に繋げたり…。ただ、そのまま使っては、ネクロスライムを落とそうとガイド魔サイからのダンテのように同時に除外コストを落とせませんし、自身はペンデュラムモンスターなのでエクシーズ素材にする等しなければ墓地にDDを用意することが出来ないので、通常召喚する分には《魔界発現世行きデスガイド》に劣ってしまうのかなあという印象。P召喚であったり、《DDスワラル・スライム》や《DDD烈火王テムジン》の効果であったり、特殊召喚でも効果が発動できるところを活かしたいですね。
打点がなく、ターン制限がついてるあたり、《DD魔導賢者ケプラー》と扱いは似ています。嬉しいことに《DDD怒濤王シーザー》の素材にできる星4ですが、《DDバフォメット》のようにケプラー等を巻き込むことができないので、エクシーズ素材にして墓地へ送るのは少し難しそうな印象を受けます。
P効果にダメージを与える魔法の効果を無効にできるとありますが、《Emダメージ・ジャグラー》のように《揺れる眼差し》もケアできるんじゃないでしょうか。身代わりなのでもう1枚スケールを握ってる必要はありますが、エクストラデッキから自身を出すことができるので、P軸へと移り変わるようなら重宝されるやもしれませんね。

《DDD極智王カオス・アポカリプス》
星7/闇属性/悪魔族/ペンデュラム/攻2700/守2000
「DDD極智王カオス・アポカリプス」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できず、相手ターンにのみ発動できる。①:このカードが手札・墓地に存在する場合、自分フィールドの表側表示の魔法・罠カード2枚を対象として発動できる。そのカードを破壊し、このカードを特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は悪魔族モンスターしか特殊召喚できない。
【P効果 青4/赤4】
①:自分の墓地の「DD」モンスター2体を除外して発動できる。Pゾーンのこのカードを特殊召喚する。


この手のカードで相手ターンのみ発動できるというのは珍しいですね。かなりコストが重い分、高打点(帝やペンマジでパンプされたドクバにはしっかり戦闘破壊される数値)を相手ターンに出せるのは弱くなく、《ブラック・ホール》からつっぱされて契約書のダメージで死ぬのを回避できたり、テムジンの効果を相手ターンにも発動できたりするのは面白そうです。誘発即時効果なので、速攻魔法や通常罠にチェーンしてそれらを割りながら出すなんてこともできそうですね。デメリットは《飛翔するG》と噛み合わないくらいでしょうか…?
P効果もスケールになりつつ打点やフレアメタルの素材を用意できるのは弱くなさそうですが、ただでさえネクロスライム等で墓地を除外していくのに2体もコストを用意できるのかはかなり怪しい気がします。

《DDD剋竜王ベオウルフ》
星8/闇属性/悪魔族/融合/攻3000/守2500
「DDD」モンスター+「DD」モンスター
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分の「DD」モンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。②:自分スタンバイフェイズに発動できる。お互いの魔法&罠ゾーンのカードをすべて破壊する。


《DDD神託王ダルク》と同様テキストをもたない融合モンスター…といいたいところですが、《群雄割拠》や《御前試合》を張った際に《Emヒグルミ》やP召喚で粘られなくなるのは有難そうですね(そういう次元のゲームができるかは置いておいて)。
素材の縛りはダルクとカエサルを足して2で割ったような組み合わせで、多少の気遣いは必要なものの、各種スライムで作れるレベル8DDDというだけでもかなり便利そうです。今まで欲しかったステータスですからね。

総括
全体的に新規らしく便利そうかもという印象は受けますが、本当に帝王SDのあとなのか疑いたくもなります。今みたいなスライム特化やガイドを入れた構築は見てわかるくらいオワコンになると思ってたんですが、そうでもなさそうなこの微妙な感じ…w
DDは他のテーマに比べてカード単体で見ても強さがイマイチ図れないところもありますし、まだまだ新規はあるはずなので、続報にも期待していきたいですね。

「スライム軸DD」

DDD

モンスター(26枚)
幽鬼うさぎ×3枚
終末の騎士
エフェクト・ヴェーラー×3枚
DD魔導賢者ケプラー×3枚
DD魔導賢者ガリレイ×3枚
DDバフォメット
DDネクロ・スライム×3枚
DDナイト・ハウリング
DDスワラル・スライム×3枚
DDD死偉王ヘル・アーマゲドン
DDD壊薙王アビス・ラグナロク×3枚
BF-精鋭のゼピュロス

魔法(7枚)
魔神王の契約書
地獄門の契約書×3枚
ワン・フォー・ワン
ハーピィの羽根帚
おろかな埋葬

罠(7枚)
狡猾な落とし穴
戦乙女の契約書×3枚
神の警告
強制脱出装置×2枚

エクストラデッキ
DDD疾風王アレクサンダー
DDD神託王ダルク×3枚
DDD双暁王カリ・ユガ×2枚
DDD怒濤王シーザー
DDD烈火王テムジン
ゴーストリック・デュラハン
フレシアの蟲惑魔
幻層の守護者アルマデス
森羅の姫芽宮
真紅眼の鋼炎竜
神竜騎士フェルグラント
励輝士 ヴェルズビュート

サイドデッキ
エクシーズ・ユニバース×2枚
ブラック・ホール
闇の護封剣×2枚
誤封の契約書
増殖するG×3枚
電光-雪花-×2枚
揺れる眼差し×3枚
溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム


先日行われたかもめ亭CSで使用したDDです。突貫構築なので色々修正したい点はありますが、ちゃんと修正しようと思うとごちゃごちゃしそうなので今回はそのままで…。
DDがどんなデッキか大雑把に説明するなら、《地獄門の契約書》という《クリフォート・ツール》によって毎ターン状況に応じたDDモンスターをサーチし、スライムたちによる打点2000オーバーモンスターを複数展開したビートダウン、及びワンキルを狙っていくことになります。

DDスワラル・スライム

スワラルスライム
《DDスワラル・スライム》
星2/闇属性/悪魔族/攻 200/守 200
「DDスワラル・スライム」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが手札に存在する場合、自分メインフェイズに発動できる。「DDD」融合モンスターカードによって決められた、このカードを含む融合素材モンスターを手札から墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。②:墓地のこのカードを除外して発動できる。手札から「DD」モンスター1体を特殊召喚する。


7月に出る新弾DOCSで登場するDDの新規ですね。DDの抱えてた問題をいくつか解消できるため、複数枚の採用すら視野に入ると思います。

①の効果は《魔神王の契約書》を使わずに融合を行えるというもの。手札に限定されているので魔神王のようにサーチ効果を使用して棒立ちとなった《DD魔導賢者ケプラー》を素材にした融合や墓地のDDを素材に消費を減らした融合は行えませんが、魔神王を使用せず済むというのはケプラーに召喚権を割かずとも《地獄門の契約書》からサーチして行うことが出来るということでもあり、より柔軟な展開が望めます。
また、魔神王を使用せず済むということは《DDD神託王ダルク》がフィールドから消えた際にダメージを受けるリスクが減るということでもあります。一々ダルクが除去されたことを考えて《DDD反骨王レオニダス》をサーチしておく必要性も少なくなるため、地獄門のサーチを他に回しやすくなります。そこでこのカードをサーチしたり、一緒に素材にして強い札を持って来たり、《DD魔導賢者ガリレイ》等の保険に回したり…。

②の効果は容易にDDをSS出来るため、《DDD烈火王テムジン》や《DDD疾風王アレクサンダー》、《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》のトリガーになるだけでなく、返し手としても優秀です。このカードを自身の効果等で墓地へ送っておくことで、ラグナロク特殊召喚からこのカードで出したダルク等を蘇生し返しに繋げられます。地獄門さえ確保していればラグナロクサーチから動けるのが強く、以前までのケプラーで魔神王サーチしたり《DDナイト・ハウリング》で《DDリリス》蘇生したり…といった動きよりも数段強いです。
召喚権も残っているのでラグナロクでリリースするモンスターを召喚する隙も生まれますし、ケプラーから地獄門を持ってくるといった日常の動きからも可能です。何より地獄門1枚から出来るというのがミソで、ガリレイでひたすら地獄門を守り通すというプレイにも合っています。

今は《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》も入っていない構築を使ってるので実際には回してみないと使い勝手も分かりませんが、ラグナロクは使えればDDを使う強みとも言えるくらい強いカードなので、それが使いやすくなることでよりDDらしい強みを魅せていけるようになるのではないでしょうか。《DDD怒濤壊薙王カエサル・ラグナロク》も《DDD双暁王カリ・ユガ》もラグナロクを意識したデザインですしね。7月が待ち遠しいです。

「DD」

DD

モンスター(19枚)
増殖するG×3枚
終末の騎士
キラー・トマト
オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン
DD魔導賢者ケプラー×3枚
DD魔導賢者ガリレイ×3枚
DDリリス
DDナイト・ハウリング
DDケルベロス
DDD反骨王レオニダス×3枚
BF-精鋭のゼピュロス

魔法(11枚)
魔神王の契約書
地獄門の契約書×3枚
死者蘇生
強欲で謙虚な壺×2枚
闇の誘惑
ワン・フォー・ワン
ハーピィの羽根帚
おろかな埋葬

罠(10枚)
戦乙女の契約書×3枚
激流葬×3枚
虚無空間(ヴァニティ・スペース)
デモンズ・チェーン×3枚

エクストラデッキ
DDD疾風王アレクサンダー
DDD神託王ダルク
DDD怒濤王シーザー
DDD烈火王テムジン
No.39 希望皇ホープ
SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング
サイバー・ドラゴン・インフィニティ
サイバー・ドラゴン・ノヴァ
セイクリッド・プレアデス
始祖の守護者ティラス
星輝士 セイクリッド・ダイヤ×2枚
星守の騎士プトレマイオス×2枚
鳥銃士カステル

DDといえば《DDD烈火王テムジン》や《DDD疾風王アレクサンダー》の効果を連鎖させ展開するイメージが強いですが、この構築では積極的に展開するというよりも、毎ターン継続を提供してくれる《地獄門の契約書》というアドバンテージ源を中心に《DDD反骨王レオニダス》によるビートダウンを《戦乙女の契約書》で補いながら動いていきます。
序盤から中盤にかけてはレオニダスや《星守の騎士 プトレマイオス》を絡めたビートダウン、戦乙女による不安要素の排除、キル圏内に入ったところで《DDナイト・ハウリング》や《魔神王の契約書》からキルを狙っていきます。

・《キラー・トマト》《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》《強欲で謙虚な壺》《闇の誘惑》《ワン・フォー・ワン》
この辺は《DD魔導賢者ケプラー》及び地獄門にアクセスするためのカードですね。地獄門にアクセスできなくても戦えるというよりも、無理やりにでも地獄門にアクセスしていく方針です。
《強欲で謙虚な壺》は一見相性悪そうに見えますが、初動はケプラー通常だけなどSSが絡みづらく、一度レオニダスを着地させてしまえば罠ビートしながらの動きになるため、中盤での素引きも腐りづらいです。3枚入れて積極的に地獄門へとアクセスしたいところですが、初手に2枚被ると今度はレオニダスと噛み合わなくなるため2枚です。

・《終末の騎士》《BF-精鋭のゼピュロス》《おろかな埋葬》
終末でゼピュロスを落とし地獄門でレオニダスをサーチ、地獄門をコストにゼピュロスをSSすることでサーチしたレオニダスをSSすることができ、5200ダメージを与えながらプトレマイオスを構えることが出来ます。また、地獄門は手札に戻っているため、相手ターンで除去される懸念もなくなり、レオニダスが場から離れてもダメージを受けることもなくなります。他にもゼピュロスは《DDリリス》や、《DDケルベロス》でレベルを4にしたケプラーとプトレマイオスになることができ、レオニダス+αと展開するのに便利な1枚です。

・《DD魔導賢者ガリレイ》
DD専用の《禁じられた聖槍》とも呼べる優秀な除去回避カード。地獄門への《サイクロン》や《幽鬼うさぎ》、ケプラーへの《エフェクト・ヴェーラー》や《ブレイクスルー・スキル》、レオニダスへの召喚反応等をケアすることが出来、このカードを持ってるだけで撃たれると厳しいそれらを一括で対策することができ、リソース管理が楽になります。
例えばレオニダスの除去を嫌ってレオニダス2枚目をサーチすると契約書が除去されたり、契約書2枚目をサーチするとレオニダスが除去され2枚目のレオニダスをサーチするラグが発生し~などの寒い展開が防げます。

・《激流葬》《デモンズ・チェーン》《虚無空間》
遅い初動を補ったり、戦乙女で後ろを割りに行きやすくなる《激流葬》、
激流や戦乙女では届かないところに対応でき、ライフを守れる《デモンズ・チェーン》、
レオニダスでのビートダウン時に強く、ケプラー含めPモンスターである点、ガリレイも戦乙女も自壊のトリガーになりにくく相性のいい《虚無空間》、といった感じです。

《DDD神託王ダルク》が来て《DDD反骨王レオニダス》よりも積極的に出していくのもありかなとも思いましたが、《魔神王の契約書》をサーチして融合に向かうよりも、《戦乙女の契約書》と《DD魔導賢者ガリレイ》を後ろ盾にビートダウンしていく方が苦手なぶっぱ系にも強く立ち回れると感じたため、罠を厚くし、よりビートダウンに寄せた構築にしてみました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。